ほっこり雲南 定住サイト
ようこそ、雲南市へ。

Iターン 雲南市木次町 西尾健太郎さん

移住のきっかけは?

青年海外協力隊の任期を終え、今後を考えたときに島根から出ない方向で自分の道を切り開いていこうと思いました。 祖母の実家が酪農をしていたこと、協力隊で畜産関係に携わっていたこともあり、最初に就職したのがたまたま雲南市にある県の畜産センターでした。 その後、手伝いに行っていた近くの日登牧場へ就職が決まり、移住しました。

雲南市での暮らしはいかがですか?

田舎であるのは、間違いないです。でもそれがいいと思っています。 休みになると電話がかかってきて、田舎のネットワークはすごいなと感じています。 地域の密着度が高くて、最初は大変だと思いましたが、今はそれを楽しんでいます。