ほっこり雲南 定住サイト
ようこそ、雲南市へ。

Iターン 雲南市木次町 内田 アキ胡さん

移住を目指したきっかけは?

宍道町の「ふるさと森林公園」で、県外からの研修生を募集していたんです。
当時は広島で働いていましたが、山や緑に興味があって応募したのがきっかけです。
1998 年から1 年間勤務し、その期間中に雲南市出身の主人と出会って、結婚しました。
結婚してからしばらくは子育てに専念していましたが、子どもがアレルギー体質で、通院していた小児科から食生活の見直しを提案されました。
病気を食で治す、という概念はまったくなかったのでびっくりしましたが、そこで初めてマクロビオティックの存在を知ったんです。
最初は本を読んで独学で勉強し、どんどん興味がわいて。2007 年からは1年間、自宅で料理教室もしていました。

お店を開かれるきっかけは?

マクロビオティックで使う食材には特殊なものが多く、手に入らないものが多かったので、 自分が料理で扱う食材を販売するお店が作りたい、そんなお店があったら喜ばれるんじゃないかと思いました。
そこで、空き店舗を探そうと市役所の定住推進員さんにご相談したんです。
当時、空き家を探している人はいても、店舗を探している人はいなかったそうで、木次町に空き物件が出たとき、 すぐに私に連絡をくださいました。お借りすることが決まってからオープンまで2カ月しかなく、 あわただしい準備期間でしたね。2008 年にお店をオープンさせ、 現在はマクロビオティックで使用する食材(調味料や乾物、野菜など)の販売のほか、 ランチやお茶のできるカフェスペースも作っています。

お店の情報
・営業時間 11:00~18:30
・定休日 土日祝
・ランチ 600 円~
・HP http://www.geocities.jp/nanohanappy/index.html

玄米ごはん、季節の野菜の汁もの、お漬物などが並ぶランチは口コミで評判が広がっています。
この日のメインはオートミールのコロッケ。穀物と野菜もしくはそれを原料とする加工品を使い、添加物を含まない調味料で調理しています。

お店はいかがですか?

お店を開いて4年が経ちますが、ようやく認知されてきたという感じです。市内はもちろん、 市外や県外からもお客さまに来ていただくのはうれしいですね。「ついでに立ち寄るお店」ではなく、 ここをめがけて来ていただくタイプのお店なので、口コミで評判を広げていただいて感謝しています。
お客さまとの情報交換も楽しいですね。
また、1年前からお弁当も始めました。毎日30 食程度を作り、配達しています。 定期的にご注文をいただく方もいらっしゃいますよ。たまに、返されたお弁当箱に「おいしかったよ」と お手紙が入っていることがあるんですが、それが一番の喜びですね。
もちろん、大変なことも多いですが、やりがいはとてもあります。

ご主人は雲南市加茂町のご出身。
もともとサラリーマンで、1年前から一緒にお店をされているとうかがいました。

主人はサラリーマン時代、子どもと触れ合う時間はほとんどありませんでした。
ひとりだけ違う食生活を送っていました。今は、一緒に考えながら店を経営していますが、農家さんをはじめ、 いろんな人と出会うことで刺激をもらっているようです。うちが扱っている野菜は本当においしいんですよ。
「添え物」ではなく、メイン料理になるおいしい野菜たちが並びます。
今は、主人が子どもの送り迎えなどをしてくれます。一緒にごはんを食べる時間も増えて、 そばで見ていても「お父さん」の役割を楽しんでやってくれているなあと思いますね。

主催されている「うんなんナチュラルべじまーと」について教えてください。

雲南市加茂町の「ラメール芝生広場」を会場に毎月第4日曜日に 開催しているマーケットで、農業を頑張っている人たちを応援したい、 おいしい野菜をたくさんの人に食べてもらいたい、という思いから始めました。
こちらで一定の基準を設け、その基準を満たした農家さん、 作り手さんのみが出店できるというシステムにしています。 有機農法で育てた野菜や加工食品、端材を使った木工品、 オーガニックコットンを使った布小物など、いろんな商品が並びます。
「毎月このマーケットに来ればあの人に会える」という感じで、 出会いの場にもなっています。私自身も月に1度思いを共有する人たちと集まり、 情報交換をすることが刺激にもなっています。

これから地方で暮らしてみよう、という方に何かメッセージを

雲南市はとても暮らしやすいですね。自然も残っているし、与えられた遊びだけじゃなく、 想像力を働かせながら遊ぶことができるので、子育てにもいい環境です。
何より、精神的にとても豊かな生活ができていると実感しています。
また、食に携わる仕事をしている身としては、いい野菜を作ろう!と思っている人たちに どんどん雲南に来てもらいたいですね。その野菜をお弁当やランチにしたりして、 雲南市内でいい循環が生まれることを願っています。